あらゆる問題は自分が引き起こしている

おはようございます。
月乃です。

今朝、鼻炎の症状がひどく、
体の状態があまり良くありませんでした。

何かが違う・・・

そんなふうに感じたので、
ひょんなことで最近購入していた本なんですが、

リズ・ブルボー著 「自分を愛して!」

という本を読みながら
自分の体の不調が何を自分に訴えかけているのか?
について探りました。

すると、
私の中に葛藤があることに辿り着きました

鼻炎の症状があることで、
自分にどういう不具合、そして解決すべき問題があるのか?

ということをを探るプロセスは本の中に詳しく解説がありますが
簡単に述べると下記の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
① 鼻炎の症状があるということは、
自分にとってどういう状態なのか?
また、その状態であることをどう感じているのか?

②ーA その症状があるうことで、何をすることができてないのか?

②-B その症状があることで、どんな人間になれずにいるのか?

③ 上記②-Bのような人間になってしまったとしたら、
私にはどんな嫌なことが起こるだろうか?
また、そのことで、私はどのように自分を裁くか?
他人はどう自分を裁くか?

ーーーーーーーーーーーーーーーー

上記①~②を探り導き出された答えの中で
②-B(の裏返し)があなたの本当の望み。
そして、
③はその望みを阻害する、「思い込み」を表しています。

私の場合は・・・
・自分も他人も肯定できる人間でありたい
・自分のことを信じられる人間でありたい
・自他ともにありのままを受け入れられる人間でありたい
・人には常に丁寧に接していたい

という望みがありつつも

・自分で選択することで他人からの批判を浴びるかもしれないという恐怖
・今までの自分を否定して裁いてしまう
・人から疑いをもたれることの恐怖

という「思い込み」があることがわかりました。

まさに、葛藤です。

そして、私の場合は、この葛藤がわかりながらも
根本の問題が解決できていないため、
鼻炎の症状が出ていたことが分かったのです。

そしてこの問題の解決には、
「思い込み」への取り扱いについて考える必要があります。

この取り組みについては本の中で詳しく書かれているので、
ご興味があれば、お読みいただければと思いますが、
私の場合は、主に両親とのわだかまりのような
問題が潜んでいることがわかりました。

これは、ずっとずっと自分の中で蓋をして
自分の目には触れないところにあったような
問題だったように感じます。

なので、向き合い、解消するには、
少し時間が必要な気がしています。

が、

今朝、感じるに、今日それがわかって良かった・・・
そう思えたことが何よりも救いでした。

その気づきがあっただけでも、
鼻炎の症状は、圧倒的に軽くなったんですから。。。

まさに、心と体は繋がっている。
そして、私たちの無意識の領域が
私たちの体に作用しているんだな・・・
と実感しました。

人間はあらゆるモノと繋がっている。
だから、引き寄せる。

今朝は、このことが何よりも感じられる時間の中にいました。

みなさんも、自分に何かしらの不調がある時、
ぜひ、自分自身を探ってみてください。

不調は、私たちに「変化の時」が訪れていることを
伝えてくれているみたいですので

では、素敵な一日をお過ごしください

 

 

著者

美eautyスピリットカウンセラー 月乃
美eautyスピリットカウンセラー 月乃
癒しのエネルギーを大切に、日々心穏やかに優しい時の中で生きていたい。そんな風に同じように心の中で思っている方々へ、日々の生活の中で活かせるちょっとした気づきのシェアをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA