ブログ

幸せってどこから来るの?

幸せだと思える瞬間、

あなたにはありますか?

 

 

それはどんな時ですか?

 

 

 

 

おそらくそれは、

人と関わり合っている時ではないでしょうか?

 

人に限らず、

愛するペットたちと触れ合っている

そのような時も含まれるでしょう。

 

 

 

 

 

しかし、

もし、あなたがこの世で一人だったとしたら・・・

 

 

想像してください。

 

あなた以外の、愛する人々もいなければ、

大切にするペットや、早朝さえずる鳥たちでさえもいない、

本当に一人でいる世界です。

 

 

『無』

 

それ以外の何物でもない。

 

 

常に静かな世界

 

 

あなたは、何にも触れません。

ないので、触れることができないのです。

 

 

もちろん、

怒り、悲しみ、嫉妬、妬み、恨み・・・

 

 

そのような、ネガティブな感情たちは

あなたの中に生まれないので、

感じなくて済みます。

 

 

 

というよりは、

 

何も感じられないのです。

 

 

 

でも、同時に

 

 

 

喜び、幸福、愛・・・

 

 

そういう感情も感じられない

ということを意味します。

 

 

 

この世で、一人ぼっち・・・・

 

 

あなたは、そんな世界で

生きていたいと本当に思うでしょうか?

 

 

 

『人は、ひとりじゃ生きていけない・・・』

 

 

これは、物理的な事柄も指していることもありますが、

感情を感じる方法においても、意味を成しているのです。

 

 

 

私たちが感情を感じられるのは、

誰かが、あなたの目の前に、居てくれるからこそです。

 

 

その目の前にいてくれるのは、人に限らず、

この地球上に生を受けて

命を授かった全ての生き物のことを指します。

 

 

 

その対象である命は、

実は、いつも

 

あなたに、素晴らしいギフトである

 

「感情」

 

を与えてくれているのです。

 

 

 

 

かけがえのない命です。

 

 

ひとつも粗末になど、できない命です。

 

 

 

 

「一人でいたい」

 

かつて、月乃も、そう感じていた時期がありました。

 

 

けれども、どうしたって、一人にはなれない・・・

 

 

それは、実は、

私がこの地球上に生まれるにあたって、

願ったことの一つだから、だと思うのです。

 

 

『いろいろな感情を思いっきり感じたい』

 

そう、私が願ったからこそ、

宇宙は、その私の望みに応えて、

「感情」というギフトを授けるあらゆる命たちを、

一緒にプレゼントしてくれました。

 

 

そう思える今だから、

一緒に居てくれる人々、動物たち、あらゆる命が

とても尊く感じられます。

 

 

 

あなたの目の前に居てくれている命は、

あなたにどんな「感情」のギフトを渡してくれていますか?

 

きっと、果てしない数の「感情」のギフトを与えてくれているはずです。

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

今この瞬間からも

あなたにとって、心穏やかで素敵な時間が流れますように☆彡

 

 

2018年を迎えて

こんばんは、月乃です。

2018年という年を迎えて、一週間が経ちました。

 

今年は、どんな年にしたいですか?

 

 

 

清々しい空気の中、

お天気にも恵まれた三が日を過ごしている間、

私は、どんな年にしようか?と考えていました。

 

それと同時に、

私のフォーカス自体が、

明るい未来に向いているその反対側では、

多くの人々が

不安にばかり気を取られているような光景が目に移りました。

 

 

 

目の前のことに「不安」を感じることは、私にもあります。

 

しかし、それにばかり目を向けていても、

事態は一向に変わりません。

 

 

明るい未来を描け!

と言われても、いきなりは難しいかもしれません。

 

 

しかし、

「不安」が襲って、あなたを支配しようとするとき、

 

あなたは、その「不安」の反対側にある

「自分の希望」、「自分の望み」、を見出すチャンスが来ています。

 

 

 

目の前にある「不安」を克服して、

 

『いったい自分は、どうなっていたいのか?』

『いったい自分は、どうありたいのか?』

 

 

それを、必死に、真剣に考える時なのです。

 

 

不安なな心のまま、考え、導き出す打開策や方法には、

不安な現実を呼び寄せるエネルギーがつきまといます。

なので、不安な現実がどんどんやってくるでしょう。

 

 

しかし、

 

 

自分の本当に望む感情(気持ち)にフォーカスして

浮かび上がる道筋が見えた時には、

望んだ人生を引き寄せるエネルギーが働き

望んだ現実を呼び寄せることができるのです。

 

 

毎日、少しずつの経験でさえも

その経験を積み重ねることで

大きな結果に結びつく時が必ず来ます。

 

 

あなたは、あなたの想いのままに

生きることができます。

 

 

それを信じて、

私はあなたと

心穏やかに優しい気持ちで過ごせる日々を

一緒に作っていきます。

 

 

優しい癒しのエネルギーを大切にして、

幸せマインド作りにいそしみます。

 

 

本年もどうぞ、よろしくお願い致します☆彡

 

猫の月が私に教えてくれたこと

私には一緒に暮らす、猫の『月』がいます。

彼と出会うまでの私は、

「何が何でも、私のやりたいことは
やりたいように、とことんやる・・・」

 

というのが癖でした。

それがゆえ、多少の無理をしているのにも、それに気が付けない・・・

なので、その結果、

 

人間関係に歪みが生じたり、
自分の体を壊したり、

 

と、いろいろな方面で不調がありました。

 

 

 

猫の月との出会いは、約5年前。

本当に予期せぬカタチでやってきました。

 

ある日、野良の猫ちゃんが
外で赤ちゃんを産んだんです。

 

まだ、冷え込みがある3月のことでした。

 

経緯はいろいろとあるんですが、その野良のお母さん、
1匹の子猫を残して、他の子猫と新しい場所へお引越しします。

 

しばらくは、母猫が戻ってくるのでは?と思い様子を見ましたが、
帰ってくる気配もなければ、その子を移動する気配もないのです。

 

夕方になり仕事から帰宅した私は、
懐中電灯を手に様子を見に行きました。

 

懐中電灯で子猫がいるであろう場所を照らすと・・・

 

黒く丸い物体が。

 

すると

「ミィ~、ミィ~」

小さな声、でも、どこか力強さも秘めている声が聞こえたのです。

 

寒空の中、1日中、ひとりぼっちでいた子。

 

もう、私は、とっさにその子に手にしていました。

 

 

はじめは、里親に出すつもりでしたが、
世話をするうちに可愛くなり、手放せなくなったことから、
うちの子になることになったのです。

その日以来、
その子猫、月が、中心の生活になりました。

 

 

自分のことは後回し。

 

やりたかった手芸も、できない。
読みたかった本も、全く読めない。

 

それでも、
毎日、月が、小さな成長を遂げる度に、
喜びに溢れました。

 

哺乳器からミルクを飲むのもやっとだったのに、
いつしか、ちゃんと吸い付いてミルクが飲めるようになったり。

 

自力では移動できないほど小さく弱弱しかったのに、
自分の手足いっぱいに力を込めて、徐々に移動する術を覚えていったり。

 

もう、何でも、数時間前、前日にはできなかったことが、
できるようになる、ただそれだけで、すごく嬉しかった。

 

時には、どう対処していいか、わからないことだらけだったけど、
私の懸命な想いを察しているかのごとく、強くたくましく育ってくれました。

 

 

 

そんな彼も、5歳を迎え、来年は6歳になります。

 

 

彼と生活するようになってから、
彼はたくさんのことを私に教えてくれました。

 

月は、私と一緒にいる時は、私のことをよく見ています。

 

私が事に没頭し過ぎている。
そんな時は、必ず彼から遊びに誘いに来ます。

 

「今は手を休めて、僕と遊ぼう」

 

そう言っているかのようです。

 

私は、手を止めてハッと気づかされるのです。

 

あ、今、ちょっと疲れを感じ始めているな・・・と。

彼はいつも私の、そういうタイミングを逃さないのです。

 

 

彼のゴロゴロとスヤスヤ眠る姿を見る時は、

 

「あるがままで、あんなに可愛いのか・・・」

 

私もあるがままで、いいのかもしれないな・・・

 

そう思わされることが、しばしば。

 

 

 

彼が甘えてやってくる時は、

 

「ママは、ママだから素敵なんだよ」

 

月からは、そんな風に言われているように感じることもあって。

 

 

 

月から私に注がれる愛は、とてつもなく大きく、常に注がれ続けている。

だから、本当に一緒にいられるだけで幸せなんですね。

 

いつしか、そんな、愛に触れるうちに、

 

「私も月のようになりたい!」

 

そう思うようになったのです。

 

 

 

私は、「自分探し」をするため、
今まで、いろいろなことを学んできました。

 

それは言い換えれば、

「自分を覆い包み込み隠すモノ」

を必死に学び続けててきたんじゃないかな・・・と思うこともあります。

 

本来の自分に出会うためには、

 

自分自身と充分に向き合い、
自分自身の中に既に存在する、素晴らしい能力たちに気づくこと。

 

そして、

 

ありのままの自分をしっかり見つめ、受け止めること。

 

そこから、全てがはじまるような気が、今はしています。

 

 

猫の月は、そんな考えに行きつくべく
きっかけを与えてくれた、素晴らしい存在。

 

 

彼と出会えたことで、

私の目の前には、素晴らしい世界が広がっていることを知りました。

 

猫という小さな体で、たくさんの愛を届け続けている『月』

 

本当に出会ってくれて、ありがとう。
ママはとても幸せです。

 

 

自分を自然に褒める方法

おはようございます。月乃です。

 

みなさまは、綺麗なモノを見たり、素敵な音楽に触れたり、

好きでいらっしゃいますか?

 

月乃は、とても好きです☆彡

 

 

先日、お友達のお誘いで

目黒雅叙園の生け花のイベントへ行ってきました。

 

百段階段につづく、お部屋たちに

思い思いの生け花が飾られていて

とっても感動したんです。

 

この作品は、私が隣に立ってもお花たちの方が背が高かったです。

素敵な作品でした。

 

こちらは、窓際の廊下に飾られていて、菊でしょうか、

すごく可愛らしかったです。

 

桃色と薄い緑、そして、白の淡い感じが好きですね。

思わず、『わぁ、綺麗!かわいい・・・』と言ってしましました。

 

 

こんな風に、作品を見させていただくと、

自然とそれに反応して

『綺麗』『可愛い』『素敵』・・・

などの言葉が浮かんだり、その言葉が口から出たりします。

 

これって、実は、ご自分にとって

とても素晴らしい効果があるんですよ。

知っていました?

 

 

 

実は、脳は、難しい状況を判断できないんですね。

なので、先ほどのような言葉、

実は、「誰にどのように向けているのか?」

までは、判断ができないのです。

 

なので、

『綺麗』『可愛い』『素敵』・・・

と感じて、それを言って、自分がそれを聴くと・・・

 

脳は、その言葉は、「自分に向けられている!」と勘違いしてくれます。

 

 

いい勘違い!

 

 

ということは、綺麗なもの、感動できるものに触れるということは、

ご自分にとって、とってもいい効果があるってことですね♪

 

 

だから、

月乃は、存分にそういう機会を使って

自分を褒めています( *´艸`)

 

 

しかも、素敵な作品を目の前にしているので、

当然に!自然に!存分に!

ですね。

 

誰にも躊躇なしにできるので

とてもオススメです☆彡

 

 

 

この効果は絶大ですよ!

 

あなたも、素敵な作品たちに出会いながら

ご自分を

たっくさん、褒めてみてくださいね(*´▽`*)

 

 

お読みいただき、ありがとうございます。

 

今日も一日、みなさまに、和みな時間が流れていますように☆彡

 

 

まずは、健康第一!

最近、いろいろと忙しく過ごしていて、息抜きをすっかり忘れていました。

私の場合、ついつい、やりたいことがあるとのめり込み過ぎます。

なので、休む暇なく、自由な時間はその作業に没頭してしまうのです。

でも、その結果、健康を害します。

このパターン、いい加減直さないとな・・・

 

先日、息を吸うと、胸が息苦しく痛みを感じるので、近所のクリニックへ行きました。

すると、先生が、

 

「それは、念のために総合病院で診てもらった方が安心だから」

 

と。

急遽、近くの総合病院へ。

 

色々と検査した結果、肺や心臓の臓器には問題は特になく、風邪からくる炎症があるぐらいだという診断でした。

 

一時は、ヒヤヒヤしましたが、一安心です。

 

なので、しばらくは、いつもやるPC作業をお休みしました。

 

幸せマインドを作るには、マインドのお勉強ももちろん大事ですが、まずは、やっぱり自分の体を労わることが、一番大切ですね!!

 

最近、ぐっと寒くなってきましたので、みなさんも風邪にはお気をつけくださいませ。

 

それでは、今日は早めにお休みいたします☆彡